Placemaking

Bornholm: a World Craft Region

In the early 1800s, the island became a destination when the first international craft artists were attracted by the quality of the materials, the aesthetics of the products and the interrelationship with nature inherent in the materials and design. Furthermore, in 2017 Bornholm became the first island in the world to be named a World Craft Region. The designation gives international recognition to Bornholm’s unique craft art environment and was awarded by the World Craft Council (WCC), the biggest international organisation for craft art in the world. Today, Bornholm’s craft art traditions and the many creative, innovative and distinguished craft artists based on the island showcase how a community can work together to create a place and a tradition. 

 

1800年代初頭、この島は、最初の国際的なクラフトアーティストが素材の品質、製品の美学、素材とデザインに固有の自然との相互関係に魅了された目的地になりました。さらに、2017年にボーンホルム島は、世界で最初の島になり、ワールドクラフトリージョンに指定されました。この指定により、ボーンホルムのユニークなクラフトアート環境が国際的に認められ、世界最大のクラフトアート国際組織であるワールドクラフトカウンシル(WCC)から授与されました。今日、ボーンホルムの工芸の伝統と、島を拠点とする多くの創造的で革新的で著名な工芸家が、コミュニティーが協力して場所と伝統を作り出す方法を紹介しています。