Green Energy

Bornholm: the energy island

In November 2019, Ørsted presented its vision to use the Danish island of Bornholm, situated in the Baltic Sea, as an energy hub by making it the centre point of a proposed new interconnection between Denmark and Poland, in reality making Bornholm the world’s first energy island. The long-term vision includes some 3-5GW of offshore wind capacity off the coast of the Island and has the prospects of linking the Swedish and German power grids to the hub as well.

201911月、Ørstedは、バルト海に位置するデンマークのボーンホルム島をエネルギーハブとして使用するというビジョンを発表しました。デンマークとポーランド間の新しい相互接続の中心点として、ボーンホルムを実際に世界初のエネルギーにしています島。長期的なビジョンには、島の沖合にある35 GWの洋上風力発電容量が含まれ、スウェーデンとドイツの電力網をハブに接続する見通しもあります。